大阪大学でRIを取扱うために

 大阪大学で放射性同位元素等を取り扱うための要件

放射性障害防止法で規制される放射性同位元素あるいは放射線発生装置(以下RI)を取扱うには、放射線業務従事者(阪大では、放射性同位元素等取扱者と言います。以下、RI取扱者)である必要があります。

 阪大でRI取扱者になるための要件は、以下の4つです。
     (1)大阪大学放射性同位元素等取扱者登録
     (2)特別健康診断の受検
     (3)放射線教育訓練の受講
     (4)個人被ばく線量計の支給


 要件(1) 大阪大学放射性同位元素等取扱者登録について

「大阪大学放射性同位元素等取扱者登録」というのは、具体的には放射線総合管理システムへの登録がされることを言います。放射線総合管理システムとは、平成17年度から、本学のRI取扱者の健康診断、教育訓練、被ばく歴の情報を記録するために導入されたWEB上の登録システムで、RIセンターが管理しています。

 

登録は各部局が行っております。新規に登録される方は、年度当初各部局の担当事務からRI取扱者登録を希望するか調査がありますので、回答してださい。年度途中に異動などで阪大に来られた場合は、随時受付をします。所属部局事務に申し出てください。
新規登録される方は、「新規登録者」を対象とした教育訓練(要件(3))及び管理区域への立入前健康診断の受診(要件(2))が必要となります。また各学部へ、個人線量計の使用を申請(要件(4))してください。

  次年度以降は、「継続登録者」となり、継続登録者を対象とした教育訓練の受講(要件(3))および自覚症状についての問診を受診(要件(2))する必要があります。

 

登録情報の修正や登録の抹消を希望する場合は、各部局事務へ相談してください。

 要件(2) 特別健康診断の受検について

特別健康診断とは、放射線障害防止法で規定された項目について行う健康診断で、通常の健康診断とは異なります。

 以下に該当する方は、立入前健康診断(または全項目実施の特殊業務健康診断)を受検する必要があります。
 ①初めてRI等を取り扱う者
 ②本学以外の機関から異動してきた者で、次の(1)、(2)のいずれにも該当する者
   (1)本学で初めてRI等を取り扱う者
   (2)本学以外の機関における健康診断結果の証明ができない者

 また、継続登録者も、6ヶ月以内毎に特殊業務健康診断(自覚症状の問診(被ばく歴の有無))を受診することが必要です。


 要件(3) 放射線教育訓練の受講について

新規登録者は、管理区域に立ち入る前に新規登録者対象の教育訓練(以下、放射線教育訓練(新規))(6時間)を受講する必要があります。

 また、継続登録者も、毎年継続者対象の放射線教育訓練(以下、教育訓練(継続))を受講する必要があります。継続登録者も年度内に1度必ず受講してください。

 放射線教育訓練に関するより詳細な事項はこちら


 要件(4) 個人被ばく線量計の支給について

要件の(1)~(3)をすべて満たしたのち、所属部局の事務を通して業者(長瀬ランダウア、または千代田テクノル)に依頼します。




FAQ