放射線測定器について

GMサーベイメータ

構造、取扱が簡単でしかも安価なので、X、γ、β線用サーベイメータとして用いられている。特にβ線の検出効率は高い。分解時間が他の測定と比べ長いので高線量率の測定には向かない。上の写真は端窓が広く汚染検査用として用いられている。
電離箱

構造が簡単で、X線やγ線の空間線量率が測定できるため、γ線専用サーベーメータとして広く使われている。 測定器内の空気の電離電流を直接測定を行い線量率を求める構造となっており、構造上湿気を嫌う。感度は低いがエネルギー特性が良く、大線量をはかることができる。
NaIシンチレーションサーベイメータ

測定器の先端部にシンチレータ(NaI)を装備し、放射線を光に変換、後部の光電子倍増管で電気信号として取り出し計測を行う。γ線用検出器として用いられ感度が良い。分解時間が短くエネルギー特性、方向特性が悪い。広くγ線専用サーベイメータとして用いられている。
ZnSシンチレーションサーベイメータ

NaIシンチレーションサーベーメータと原理は同じだが、シンチレータにZnSを用い、α線専用として作られている。検出部の窓が薄く、破損させるとノイズになるため、取扱には注意を要する。
中性子サーベイメータ

中性子はポリエチレン(検出器周り)で減速され、熱中性子となり内蔵されている中性子用比例計数管で測定される。He‐3比例係数管を用いているため、感度がよく、環境レベルまで測定できる。減速材(ポリエチレン)を装備しているため重い。 中性子専用サーベイメータとして用いられている。
エリアモニタ

測定原理は電離箱と同じで、容積を大きくし感度を上げ、エリアモニタとして用いられている。主にγ線を検出している。
半導体式エリアモニタ

放射線検出素子Si半導体を用い、空間線量率の測定を行う。半導体が用いられているため、感度が良い。小さく軽いため移動が容易。
電子式ポケット線量計

放射線検出素子Si半導体を用い、デジタル表示で見やすい。高感度、中性子用、低エネルギー用など多くの種類がある。
ハンドフットクロスモニタ

身体の汚染検査に用いられている。一度に、手・足・衣服を測定でき、汚染がある場合はアラームが鳴る。汚染検査室に設置し、管理区域より退域する場合に行う汚染検査に用いられている。